若い頃は、肌が丈夫でどんな洗顔フォームを使っても気にならなかったのですが、年齢とともに洗顔後の肌のつっぱりを感じたり、洗顔フォームによっては肌荒れを起こしたりするようにな

石鹸・洗顔フォームの選び方
石鹸・洗顔フォームの選び方
石鹸・洗顔フォームの選び方

若い頃は、肌が丈夫でどんな洗顔フォームを使っても気にならなかったのですが、年齢とともに洗顔後の肌のつっぱりを感じたり、洗顔フォームによっては肌荒れを起こしたりするようにな

若い頃は、肌が丈夫でどんな洗顔フォームを使っても気にならなかったのですが、年齢とともに洗顔後の肌のつっぱりを感じたり、洗顔フォームによっては肌荒れを起こしたりするようになりました。

私の肌は、乾燥しているけれど、Tゾーンはべたつく肌なのです。
私なりに肌荒れに悩んで、いろいろと配合されている成分のことを調べてゆくうち、水分と油分のバランスの乱れを直せばいいという結論に達しました。

でも、結論も素人決断なのでまだ勉強不足ではありますが、洗顔の大切さは良く理解できました。
今使っているのは、低刺激であり、油をとり過ぎない洗顔フォームでチューブタイプのものです。
ジャータイプのものも使ってみましたが、しっかりフタを閉めないと最後のほうは中身が乾燥してしまうという欠点があり、今はチューブタイプを選ぶようにしています。昔は、洗顔ブラシなどというものがありましたが、いま洗顔も見直されて、泡立てて優しく洗うというのが一般的になっているようで、私もそのようにして洗っています。あまり泡立ちすぎるものは、泡立ち成分が余計に入っているような気がして避けています。泡立てネットでそれなりに泡がたてば満足で、その泡で小鼻周りを重点的に洗っています。
石けんに関しましては、体を洗うものにも、やはり気を使っていて、いろんなボディソープの研究を自己流でやりましたが、今は普通の昔ながらの石けんで洗っています。しっとりをうたい文句にしてあるソープは、確かに洗いあがりはしっとりして良い感じなのですが、背中のニキビが改善されず悩んでいました。
これが単純に普通の固形石けんで改善されました。
無添加だとか、宣伝に惑わされることもまだ多いですが、やはり使ってみて自分なりに納得したものを文字通り肌で感じることが私の選び方です。

おすすめ記事



Copyright(c) 2017 石鹸・洗顔フォームの選び方 All Rights Reserved.